カチンコと手

採用動画を初めて発注する場合の基礎知識

カメラのオブジェ

新聞に求人広告を出したり、大規模な就職相談会などのイベントを活用するのが、従来型の人材募集のスタイルです。しかし従来型の募集方法では希望する人材を確保できない場合も増えており、最近ではウェブ上で採用動画を一般公開して情報発信を行うのが新しい流れになっています。
採用動画を制作する場合には、料金の安さと共に企業のニーズに合った映像を作ってくれる点にもこだわって発注先を選ぶべきです。また新卒や中途募集など、求めている人材のタイプに合わせて複数の採用動画を制作するのが賢い方法です。特に新卒者向けに制作するときには、応募者向けに企業を紹介するだけではなくて、内定してから入社式までの間の視聴に最適な映像も用意することが重要です。
企業が応募者向けにPRするときには長時間の映像を制作するケースも多いですが、1分程度で内容をコンパクトにまとめるのがポイントです。スマホでも気軽に視聴できる短時間の採用動画であれば、中小企業であっても多くの学生に見てもらえます。サイトでの再生回数を増やすことが、採用のチャンスの増加にも直結するので、出来るだけシンプルな内容を目指すべきです。更に動画を発注する場合には、制作会社の担当者と十分に話し合ってコンセプトを明確にすることも大切です。

ピックアップコンテンツ

撮影中のクルー

効果的な採用動画を制作するなら専門業者に依頼しよう!

会社の公式ホームページで採用募集を行っているものの、エントリーの伸び悩みに困っていませんか?現在、多くの企業が人手不足に悩まされており…

MORE
撮影用のカメラ

採用募集の動画をプロの編集に任せてランクアップしよう!

現在、多くの企業が採用難に陥っています。募集を行っても、エントリーが少なくなかなか採用にまで至らないといったことがあります。公式ホーム…

MORE
街の上を飛ぶドローン

魅力ある企業として紹介する採用動画の作成はアウトソーシングしよう

近年、採用活動は激化する傾向にあり、採用担当者は如何に自社の魅力を採用募集でアピールするかが重要になっています。そこで、誰もが見ても分…

MORE
カメラのオブジェ

採用動画を初めて発注する場合の基礎知識

新聞に求人広告を出したり、大規模な就職相談会などのイベントを活用するのが、従来型の人材募集のスタイルです。しかし従来型の募集方法では希…

MORE